週刊はてなブログがAdSenseに関する記事を公開したが、資格要件については一切触れていない

私はAdSenseの申請に合格してブログ運営を行っています。先日はそのことに触れた記事を作成しました。

それから数日経った7月15日(水)、ついに、はてなブログ公式が、Google AdSenseに関する記事を作成していました。

この記事を読ませていただきましたが、この記事はもう合格するのが当然なコンテンツを作れる人向けに書かれているようにみえました。残念ながら、これからAdSenseの審査を通過させようと頑張る人に対してのアドバイスは載っていません。

 

なぜか触れられていない要件

先日、私が書いた記事にあるようなAdSenseの資格要件に関することが一切触れられていません。それどころか、「プライバシーポリシー」「お問い合わせ」の設置は必須という枝葉末節を述べているようにみえました。コンテンツが十分できている方にとって見れば、細かい穴を埋めておこうとするのはいいことかもしれません。しかし、合格に必要なコンテンツではありません。下記👇のAdSense公式な文書を何度も読んでください。

週刊はてなブログが審査に対して全く触れていないかというとそういう訳ではなく、一応触れています。下記は、はてなブログ公式の記事からの引用です。

審査が不承認だった場合にまず確認すべきチェックポイント

Google AdSenseの審査に落ちてしまった場合、まず、Google AdSenseから送られたメールから審査の不承認の理由をご確認ください。

メールやGoogle AdSense公式による「Google サイト運営者 / パブリッシャー向けポリシー」などをご確認の上、違反している項目がない場合でも、再度審査を申請する際には、下記の項目について確認、修正の検討をしてください。

  • 記事数が十分にない→記事数を増やしてください
  • 運営期間が短い→時間をおいてみてください

なお、該当項目をすべて満たしていても審査に不承認となる場合があります。

当たって砕けろ体当たりAdSense攻略サイト からの引用でしょうか。

記事数は10本以下でも、1000文字以下でも審査は通ります。運営期間が短いとありますが、どれぐらいを指すのでしょうか。いずれにせよ資格要件には書かれていないのです。

技術的な話だったら触れて欲しい話がある

独自ドメインについても触れていますが、下記の話に一切触れていないのはどうかと思います。独自ドメインがうまく反映されないことがあるのです。

f:id:dstin8ion:20200715232709p:plain

はてなブログ - お問い合わせ - はてな

私の場合、正しく反映されるまで1日以上掛かりました。解決方法を色々と調べてみましたが、時間が経てば解決するというなんとも解せないものばかりでした。実際に何が起きていたかというと、HTTPSの設定がなかなか反映されない現象が続きました。そのため、主要なブラウザの1つであるChrome から不審サイト扱いされ続けました*1

私と同じ事態に陥る人がいないことを祈ります。

最後に

AdSenseの審査は小手先のテクニックでは通りませんので、どうか価値あるコンテンツ作りを追求いただきたいです。

 

*1:Chromeの仕様上、URL が http:// で始まらないと不審サイトとしてみなされてしまい、すんなりとアクセスができないのです…。